騒音のない世界で本を読む

児童文学好きが読んだ本のブログ

何度読んでも疑問だらけ。でも、この言葉だけで満足。

 

金の鍵  THE GOLDEN KEY

ジョージ・マクドナルド  George MacDonald 

 

虹のたもとで金の鍵を見つけた男の子モシー。

母親を亡くし、父親と召使いに放置された女の子タングル。

二人が一緒に鍵穴を見つける旅に出る物語。

 

タングルが妖精の悪戯から逃げて迷い込んだのは

妖精の国のおばあさまの家。

 

不思議なおばあさまの導きで旅に出る二人。

目的は、金の鍵の鍵穴を探すこと。

箱の鍵なのか、家の鍵なのか誰も知らない。

f:id:brubebe:20211020190149j:plain

 

いつの間にか、はぐれてしまう二人。

一人になっても旅を続ける。

海の老人、大地の老人、火の老人に導かれ再会する二人。

 

何度読んでも疑問がいっぱいな物語。

文字を追ってるうちに、なんだかわからなくなって

ページをめくって行ったり来たり。

 

なぜ、モシーは金の鍵を見つけられた?

そもそも金の鍵って何?

おばあさまの存在って?

モシーとタングルは、この世に生きてる?

時間の流れが遅いのか早いのか。

旅に出る意味は?

旅を通して何か得た?

何か変わった?

             f:id:brubebe:20211020190237j:plain

 

つい、道徳的な意味を探してしまう。

マクドナルドは、道徳的意味を込めて書いてはいないだろう。

絵本や童話には、必ず道徳的意味があると刷り込まれてるみたい。

娯楽として愉しめばいいのだ、この世界を。

 

この物語の大好きなところ。

自ら“おばあさま”と言いながらとっても美しく

お婆さんに見えないおばあさまの言葉。

「年寄りなんかになってる暇がなかった」

「年寄りなんかになるのは怠けてるから」

 

妖精の国に住んでない私は、老化に抗えないから

こんな言葉思い浮かばない。

だから、この言葉を知れただけで満足。

この言葉以外は、覚えていないくらい強烈に響いた。

最強タッグの完璧な本に出会ったら

           

 

去年の今頃だったか、

本屋の児童書コーナーを物色してた時、出会った。   

 

        f:id:brubebe:20211009200730j:plain                                 

 

この2冊を見つけた時の喜びをどう表現したらいいだろう。

嬉しすぎて思わず「いやん♪」て、言いそうになった。

 

マクドナルドとセンダック、翻訳は、脇明子

これを最強タッグと言わずして何と言う。

そして、安心、信頼の岩波書店

買わない理由がない。   

                 f:id:brubebe:20211009200759j:plain

本の装丁が、残念ながら誰の仕事かわからないが、素晴らしい。

表紙の色は、淡く落ち着いた黄色と緑。

そこにセンダックの繊細な線画。

表紙をとってみれば、紺地に金色で描かれた絵。

ウィリアム・モリスのいちご泥棒を思い出した。

美しい。

 

どこかカフェでも入ってすぐに読みたいと逸る気持ち。

でも、すぐに読むのはもったいないと思う気持ち。

しばらく眺めて撫でて、愛でていたい。  f:id:brubebe:20211009201051j:plain         

             

「かるいお姫さま」は、子どものころから愛読書。

「金の鍵」は、未読で読むのが楽しみ。

マクドナルドの多くの作品を翻訳している、脇明子

他の翻訳者でマクドナルドを読んだことがないし、

彼女自身の著書のファンでもある。

 

センダックの絵の美しさは、言うまでもない。

センダックの名は、知らなくても

映画にもなった絵本、「かいじゅうたちのいるところ」と言えば

知ってる人も多いだろう。

            

もちろん「かいじゅう~」も好きだが

私の中でセンダックと言えば、

「ミリー」

 

 

「まどのそとのそのまたむこう」

まどのそとのそのまたむこう (世界傑作絵本シリーズ)

 

かつては、それもそれ以外も沢山持っていた。

うつを患った時、本が嫌になって、ほとんど処分した。

今は手に入らない物もあるが、また手元に置きたいなと思っている。

 

はっきり言ってセンダックの絵は可愛くない。万人受けもしない。

不気味、怖いと感じる人が多いのでは。

私は、そこが好き。

彼が描く女の子は、全然可愛くない。

これが主人公の女の子なのか?って疑っちゃうほど可愛くない。

赤ちゃんが、おばあちゃんに見えるくらい老けてる。

日本中に溢れている気持ちの悪い萌えアニメとは、

100万光年くらい離れたセンダックの絵。

吸い込まれて見入ってしまう。

 

ああ、本の佇まいの完璧さ(私にとっての)を語るだけで1,000文字超えそう。

なので、ストーリーについては、別途語りたい。

 

つまり、

最強タッグ本に出会ってしまったら

本を開くまでに時間がかかるってこと。

               f:id:brubebe:20211009201015j:plain

 

仲良しだった本に再会して嬉しい気持ち

小学校の図書室で借りていた。

転校前だから小学生の低学年。

何度も借りていた。何度も借りるくらい好きだった。

大人になってこの本のことは、うっすらしか覚えてなくて、

タイトルも内容もおぼろげ。

ゆらりさん”とかいう名前のおばけが森に住んでいて。

本の表紙は、水色っぽくて・・。

物語より、何度も何度も読んだことを強く覚えていた。

 

ある時、本屋の児童文学コーナーを眺めていて見つけた。

見てすぐわかった。

「そうだ、森おばけってタイトルだった!」

手に取ってパラパラと拾い読み。

森に住んでるから森おばけ。

森に住めなくなって引っ越したのは、人間の小学校。

引っ越しは、くじらぐもに乗って。

 

ちょっとめくっただけで、「そうそうそうそう・・」と記憶が蘇る。

ぐりとぐら」の中川李枝子&山脇百合子の作品だったのか。

ぐりとぐら」は読んだことないけれど。

もちろん即買い。

 

おばけの家族の話。

森おばけは、白くて小さくてハンカチみたい。

こっそり人間の小学校に住んでる森おばけ家族と人間の子どもの交流。

シンプルでやさしい物語。

怪談や怖い話の要素は、ない。

おばけが人間とかわらない家族生活を営んでいるのが面白かったのかな。

          f:id:brubebe:20210918170340j:plain

子ども時代に大好きだった本に再会した喜びを

なんと表現したらいいだろう。

なつかしい友に会ったようなとは、使い古された言い回しだが、

例えて言うならそんな感じだろうか。

しかし、私には懐かしむ友がいないので、いまいち現実味がない表現だ。

 

記憶の底に眠っているのに、

本を見た瞬間、一気に蘇る光景。

子ども時代の家、2DKの社宅。

マンガより本が好きな子どもだった。

本は、好きなだけ買ってもらえた。

本棚には、少年少女文学全集が揃っていた。

畳の上に寝っ転がって、夢中で読んだ。

暗くなっても気づかず、電気をつけず読んでいて

しょっちゅう、母親に怒られた。

「目が悪くなるでしょ!」 案の定、視力は悪い。

                          f:id:brubebe:20210918170221j:plain

子ども頃好きだった本に再会すると

簡単に本に夢中になれた子どもの自分を思い出す。

不安や雑事に邪魔されず、一心不乱に物語の世界にのめり込んだ。

もうあんなに夢中で物語を追うことはできないから

一瞬でも、その頃の自分を取り戻せた気がして嬉しいのかもしれない。

 

森おばけは、子どもの自分に戻れる本だから

大人な私も大好きな本になった。

 f:id:brubebe:20210918170454j:plain

乙女チックとメルヘンと可愛いで和らぐ

乙女チック。

陸奥A子の作品を乙女チックと言わずして何という。

とくに、80年代の作品は、乙女チックと可愛い(KAWAIIではない)が盛り盛り。

夢中だった高校生の私は、この中に住みたいと願った。

 

栄光高校に通う。

休みの日は、にんじんデパートで買い物。

まきこ堂のオルゴールと、手作り雑貨を部屋に飾る。

寒い冬は半纏を着て、馬男(子犬)と散歩に行く。

ギンガムチェックの制服で制服デート。

眼鏡かけた学者や研究者っぽい彼氏。

クラスメイトの伝言、公衆電話、駅で待ち合わせ。

                          f:id:brubebe:20210912211146j:plain

奇をてらった話や描写はない。

初恋。片思い。一目惚れ。

相手を見かけるだけで嬉しくなって、目があったら真っ赤になっちゃう。

言葉を交わしたら、ドキドキが爆発しそうになる。

 

高校生の私。

近隣ではかわいいと言われる制服を着てた。

かっこいい男子が多いと言われるクラスにいた。

人生で一番デブ。

酷い乱視でビン底のような眼鏡。

恋とは、距離が遠すぎた。

              f:id:brubebe:20210912211347j:plain

当然、片思いも制服デートもなんにもなかった。

恋愛なんて、マンガやドラマの中のことと思ってたけど

同級生は、マンガのような恋愛をしてたみたい。

鈍い私は、気づかず卒業した。

 

陸奥A子のマンガのような可愛い恋は、大人になったら出来ない。

高校生の時に恋しとけばよかったとたまに思ったりするが

恋愛偏差値が低いというより、枯れてる私には

やっぱり無理な話。

私にはなかった青春と恋愛。

甘くて可愛くて切ない、胸がキュンキュンする恋。

              f:id:brubebe:20210912213032j:plain

昨今の漫画。

アニメ、萌えアニメ・・・。

デジタルできっちり描かれた線。

性的デフォルメされた女の子達。

気持ち悪くて吐き気がする私は、おかしい?

 

手書きの線はいい。

線に強弱があって、まっすぐだけど直線じゃない。

やわらかい筆の跡。

1と0の世界からはみ出た線。

 

陸奥A子の描く女の子と住む世界。

素朴で可愛くて純真。

性的なものは1滴も1ミクロンもない。

黒い下心、腹のさぐりあいも駆け引きもない。

安心して優しい気持ちでいられる世界。

大人になった私は、高校生の頃よりもっとこの中に住みたいと思う。

 

 

 

 

超ポジティブで満ちた世界は、ある意味ファンタジー

少女ポリアンナ 

ポリアンナの青春 

エレノア・ポーター 著

 

この本は出版された1913年、

アメリカで100万部売れた大ベストセラー。

苦しい環境にいても嬉しいことを見出す。

悲しみより嬉しさを追求する。

ポリアンナの生き方に共感、影響された人は多かったようだ。

 

孤児になった11才のポリアンナ

独身のポリー叔母さんに引き取られるところから物語が始まる。

               f:id:brubebe:20210908234458j:plain

ポリアンナは超ポジティブ、楽天的。

どんなにつらい事にも嬉しいことを見出すゲーム、

嬉しい探しゲームが好き。

人形が欲しかったのに、慈善箱に入っていたのは松葉杖。

でも松葉杖を使わなくていい足であることが嬉しい。

ポリー叔母さんに亡くなった父親の話をするなと言われて嬉しい。

父親の話をしない方が気持ちが楽になる、叔母さんの気遣いが嬉しい。

叔母さんの意地悪も親切から出たと信じる性善主義者。

          f:id:brubebe:20210908234547j:plain           f:id:brubebe:20210908234602j:plain

ポリアンナ効果“という心理学用語は、この物語に因んでる。

ネガティブな言葉よりもポジティブな言葉の方が影響を及ぼすこと。

 

ポジティブが正解な世の中だが、

元来人間は、ネガティブな生き物。

ネガティブだからこそ、この地球で進化し滅びず生きてきた。

ポジティブ、何も心配しなくても大丈夫!とお気楽に生きていたら、

肉食獣に食われ、災害に見舞われ、

備えもないから、死まっしぐらでとっくに絶滅していただろう。

 

低出力モードで生きる私。

私にとって現状維持とは、ポジティブと同義だが

世間は、これをネガティブと言うだろう。

私がこの本を読んで「素敵、見習わなくちゃ」となるわけがない。

 

楽天主義に胸やけがする。

行き過ぎたポジティブ。

ポリアンナ症候群”と言う。

事の良い部分だけを見て負の部分から目を逸し、現実逃避して自己満足すること。

 

ポリアンナ効果が◯なら

ポリアンナ症候群は✗か。

 

振り切れた楽天主義と性善主義は、

ポリアンナが子供だからともいえる。

20歳になったポリアンナは、悲しいことが続き

嬉しい探しゲームができなくなる。

嬉しいことを探せないほど、つらくて悲しい現実があることを知る。

 

そうでなきゃ人間じゃない。

いい大人が

“世の中、良い人ばかりで嬉しいことしかないわ”と

始終ニコニコしていたら、不気味だ。

 

f:id:brubebe:20210908235455j:plain

 

物語の終わりがハッピーエンドなのは予想通りだが、

すべて都合よくおさまって現実離れしすぎ。

ポリアンナの超ポジティブ楽天主義は、それが“正解“となる。

世の中は、楽天主義と性善主義で満ちているのだと締めくくられる。

 

そんな世界、もう現実じゃない。

この物語は、ファンタジーなのか。

妄想が暴走する時

小さなパン屋を営む40歳で独身のミス・マーサ・ミーチャム。

貯金は2000ドルある。

                         f:id:brubebe:20210830171405j:plain

 マーサは、いつも売れ残りの値引きしたパンを買っていく客を

ちょっとした事から貧乏画家と思い込む。

服はヨレヨレだがとても礼儀正しい。ドイツなまりの中年男。

           f:id:brubebe:20210830171452j:plain

 マーサは、自分の豊かな食事を見て思う。

貧乏画家の彼は、すきま風の吹き込む屋根裏部屋で

売れ残りの固いパンを食べている。

日に日にやせ細っていく。

私の美味しい食事を一緒にすることができたらいいのに。

才能ある天才の貧乏画家が

2000ドルの貯金とパン屋の援助を得たらどんなに喜ぶだろう。

 

f:id:brubebe:20210830171541j:plain

「まぬけ!」

「ああ、ぞうだ。この、おぜっかいのおいぼれ猫!」

 

善意と恋心の暴走が行き過ぎる。

勘違いの思い込みとは、怖くて恥ずかしいもの。

事実を知ったマーサ。

 

男にとって、マーサは、取るに足らない日常の一部。

パン屋でパンを買い、ついでに店の主人とあいさつ程度の言葉を交わす。

それだけ。ただ、それだけの存在。

 

マーサが自分勝手に思い込まなければ、何も起こらなかった。

マーサにとっても、男にとっても悲劇。

マーサの心は、固くなってしまったかもしれない。

マーサは、これからも一人でパン屋を続けていくのだろう。

そして貯金をどんどん増やすだろう。

 

いつか本当に理想の男性が現れるかもしれない・・とは

もう考えたりしないだろうな。

f:id:brubebe:20210830171641j:plain

長女は心配性 世界でいちばん素敵なデパートってどんなとこ?

 邦題が気に入らない。

“魔法”に惹かれてファンタジーを期待した人は、は?てなる。

確かに小見出しに“魔法があるなら”とあるけど・・。

 

この本が出た頃、

世界中で「ハリー・ポッター」が大ブームになっていた。

その大ヒットにあやかりたかったのか

当時、“魔法”と名の付く本が増えてた記憶がある。

 

本文に出てくる、

「世界でいちばんすてきなデパート」が良いんじゃないかな。

 

「世界でいちばんすてきな いちばんワクワクするデパート」

どんなところだろう。

伊勢丹とか三越みたい?

イギリスが舞台だからやっぱりハロッズデパートみたいな感じかな、

行ったことないけど。

 

優しくて心がきれいで、生活力のないママ

心配性でしっかり者、長女リビー

まだまだ赤ちゃんの妹、アンジェリーン

パパは、いない。

 

住む家がなくなって、困ったママは、素敵なことを思いつく。

スコットレーズ・デパートに住もう!

         f:id:brubebe:20210821092422j:plain

 世界でいちばんすてきなデパートの暮らしってどんな暮らし?

 

ご飯は、キゲンギレ。

TVは、一人に30台。

ふかふかのベッド。

屋上庭園で日光浴。

 

デパートが開店したら急いで学校に行かないと遅刻しちゃう。

出口は毎日変えて、口ひげさんに見つからないように。

帰ってくる時は、

毎日スコットレーズで買い物してるお得意様の顔をして。  

                           f:id:brubebe:20210821001952j:plain                                                                       

ママは、「新しい家が見つかるまでちょっとの間よ。」って言うけれど

リビーは、不安でハラハラドキドキ。

見つかったらどうしよう。

よく見かけるハンサムなミスターMも気になる。

売り場監督の人?

ひょっとしてミスターMもスコットレーズに住んでる?

 

リビーがやっとスコットレーズの暮らしに慣れてきた頃、事件が起こる。

リビーとママの大活躍。

 

  f:id:brubebe:20210821001719j:plain 

 

リビーが話すスコットレーズ・デパートは、

私が子供のころ見たデパートに重なる。

とんでもなく巨大で、

きれいな人がたくさんいて、

いい匂いがして、ピカピカしてた。

ママはいつもよりおしゃれして、

私もお出かけ用のワンピース着せてもらって。

休みの日に行く特別なところ。

帰る前に、いつもメロンシャーベットを食べた。

f:id:brubebe:20210821102135j:plain

 自分の思い出と相まって、

私もスコットレーズ・デパートに住んでる気になる。

活字を追っているのに、

頭の中で映像に変換されて一気に読み終わる。

子どもが1度は夢見る、デパートに住みたいっていう願いが叶ったみたい。