騒音のない世界で本を読む

児童文学好きの読書日記

おしゃれしたい気持ちは罪なのか

 

この有名な物語は、宗教色が濃くて

クリスチャンではない私にはちょっと受け入れ難い。

                

村の靴屋のおばさんが

赤い靴を少女にプレゼントしたのが

少女の母親の葬式の日とは、

ちょっと意地悪じゃないか。

 

だけど靴も買えないくらい貧乏な少女が

赤い靴を手にした時は、そりゃあ嬉しかったろうし

葬式といえどもそれしか靴がないのだから

その靴を履いて当然だろう。

そして赤い靴を初めて履いた日に

裕福な婦人に引き取られて

貧乏から抜け出せたのだから

今の幸せはすべて赤い靴のおかげだと

思ってしまうのも仕方がない。

少女にとって赤い靴がラッキーアイテム、

お守りのようなものだったのではないだろうか。

 

           

 

赤い靴が履きたいという少女の願望は

青白く冷たく骸骨になるまで

踊り続けなければならないほどの罪なのだろうか。

養母の看病をせず、

ダンスパーティーに行ったのは確かに悪い。

でもそれにしたって

どうしても脱げない赤い靴を

足ごと切り落として自分の行いを悔い、

教会へ行こうとする少女の前を

切り落とした赤い靴が踊っていくなんてホラー過ぎる。

こんな怖い演出で少女を追い詰める神様って

ホントに神様? 悪魔じゃないの?

 

着飾ったお姫様と

おしゃれしたり、晴れ着を欲しがる

牧師の家のこどもが罰せられないのは、

不公平としか言いようがない。

貧乏に生まれたこどもは、神様からも

不当な扱いを受けるんだろうか。

神様も忖度するとは、格差社会も終末だ。

最後には許しを与えられるけど

結局少女は、死んでしまうのだ。

 

           

 

7つの大罪を犯した人間が罰せられるのは、

キリスト教的に当然なのかもしれないが

罰し方が暴力的で全く許容できないし、

そもそもキリスト教は、

善悪が極端で道を外した人間に残酷すぎる気がする。

 

赤い靴に魅了されただけで

死をもって償うはめになった少女の

悲惨で短い人生が可哀想すぎて

たとえ少女が天国に行ったとしても

クリスチャンじゃない私には、

なんとも読後の悪い物語だ。

               

映画化したくなる物語

 

私がポリー・ホーヴァートを知った最初の本。

(ホヴァート?ホヴァス?発音がわからない)

「ブルーベリーソースの季節」も

「サリーおばさんとの一週間」も好きだけど

イチオシはこの本だ。

            

両親が海で行方不明になって一人ぼっちになった

11才の少女プリムローズと

彼女を取り巻く個性の強い人々を描いた物語。

各章末にレシピが載っているのも楽しい。

 

ポリー・ホーヴァートの作品を読んでいると

いつも頭の中で映画化してしまう。

彼女の作品は、ミニシアター系映画の好きな人に

受けると思うのだ。

ブラックコメディタッチのガールズムービー。

ということでキャスティングしてみた。

               

両親が行方不明になって

里親に預けられて

足の小指を失って

左手の薬指も失っても

悲観せず、淡々と事実を受け入れ

冷静に周りの大人を観察するプリムローズ。

主役のプリムローズは、まだ何の色もついていない

新人子役を募集する。

 

みんなワッフルの上にのって出てくるレストラン

<赤いブランコにのった少女>のオーナーで

プリムローズのメンター的存在のバウザーさんは、

スーザン・サランドン

タバコを口に加えてワッフルを焼きながら

プリムローズとおしゃべりしてる様子が

本当に観た映像のように頭に浮かぶ。

でも現在の彼女では年齢が合わないので、

ちょっと若返ってもらおう。

 

ジャックおじさんは、ブラッドリー・クーパー

元軍人で口のうまい不動産開発業者だけど

両親を失ったプリムローズとちゃんと向き合う大人。

 

ハニーカット先生役が決まらない。

イギリスの貴族出身で

プライドが高くて自慢話ばっかりで

ジャックおじさんに言い寄る独身女。

見た目は人畜無害な感じの役者がいい。

ヘレナ・ボナム=カーターは癖が強すぎるし、

エマ・トンプソンに若返ってもらうか、

サラ・ポールソンもいい、アメリカ人だけど。

う~ん・・・

               

主題歌は、the boy least likely to か Snow Patrol

Belle & Sebastian もいいかも。

 

映画の予告編のナレーションは、プリムローズの声。

要所要所にワッフルにのった料理とレシピのカットが入る。

美味しそうなワッフルの視覚的効果は、抜群だと思うのだ。

なんのかんの言って、結局人間 “食” だからね。

ポリー・ホーヴァートの物語に惹かれるのも

美味しそうな食べ物が出てくるからかもしれない。

 

              

 

と、いつもはぼんやり考えていることを

文字にしようと思ったら

のめり込んでしまって

丸2日間も構想(?)を練っている。

 

女性の結婚と仕事

あしながおじさんの続編で原題は、DEAR ENEMY。

親愛なる敵様といったところだろうか。

敵様とは、孤児院院長のサリーが

手紙を送る仕事仲間の医師マクレイ先生のこと。         

            

あしながおじさんの物語は、

ジュディが思いを寄せるジャービス坊っちゃん

あしながおじさんだとわかったところで終わっている。

続編は、ジュディの友人サリーが

ジャービスとジュディ夫妻から

ジョン・グリアー孤児院院長を指名されて

驚いている様子から始まる。

 

ジュディはジャービスと結婚して

幸せに超リッチに暮らしている様子が

私が想像していたジュディの将来と違っていた。

あしながおじさんに出てくるジュディは、

援助してもらったお金は、全額返済したいと

大学卒業後、作家として独立すべく奮闘していたのに

まさかの専業主婦、それも超玉の輿。

 

赤毛のアンアン・シャーリー

大学を出て、学校校長まで勤めたのに

結婚であっさりそのキャリアを捨て専業主婦に治まる。

ジュディもアンも

養ってくれる男を獲得したとたん、

作家への夢や自立の願望が無かったことになってる。

 

今と違って女性参政権すらない時代に

女性が自立するのは難しいことだろうが

ジュディやアンが迷わず

専業主婦に落ち着いてしまうのが腑に落ちないのは

この時代のジェンダーロールを

理解してないからだろうか。

孤児院出身のジュディが有閑マダムに落ち着き、

裕福な家庭に生まれたお嬢様のサリーが

孤児院院長になり、

孤児院の運営にのめり込み、

その天職を捨てて

結婚しよう(専業主婦になれ)という

恋人のプロポーズを断ってしまう。

(まぁ、他に愛する人を見つけたからね)

 

少女時代のジュディから

夫にべったり依存している姿は想像し難くて

むしろ、サリーの生き方こそが

ジュディの将来の姿に思える。

孤児院出身の女の子が超リッチな男と幸せな結婚する

シンデレラストーリーがモヤモヤして

受け入れられないのは、ぼっち女の僻み・・か?

             

こんな風に生きれたら

フレンチレストラン

Loin d’ici(ロワン ディシ)=この世の果て

Loin d’iciとは、

直訳すると “ここから遠い場所”。

繁華街からも駅からも利益からも遠い、

そして何よりも現実から遠いレストラン。  

                                    

このレストランを“この世の果て化”してるのは、

超マイペース自己中わがままオーナー黒須仮名子。

美味しいフレンチと酒を思う存分

自分が楽しむために開業したのだから、

そもそも客に対するサービスの概念がない。

顧客満足 < 自己満足

 

サービス業に携わる人間として

レストラン経営者として

誰が見ても最低で

一緒に働く人にとっては、最悪のオーナー。

 

そんな黒須のキャラが強烈すぎて

他のキャラがつい、まともに見えてしまうが

そんなこともない。

サービス業なのに笑顔が苦手な伊賀クン。

行く先々の店が潰れる小澤シェフ。

元銀行員で資格マニアの山縣さん。

原価計算が細かい元牛丼屋店長、堤さん。

愛されキャラだけど頭がお花畑の川合クン。

黒須オーナーとは、絶対一緒に働きたくないけど

他の面々も中々手強そうだ。   

      

想定どおり、

黒須に振り回される人達の様子が

面白くて笑える漫画だけど

黒須のように図太く生きられたら

どんなにいいかと読む度に思う。

周りの目など気にせず、自己を貫く。

やりたくないことはやらない、

自分のしたいことだけする。

自分の力で自由に生きる、

常識には囚われない。

(というか、常識という言葉は黒須の辞書にはない)

 

めちゃわがままで気分屋で

理不尽なことばっかり言うけど

周りは、振り回されて迷惑してるけど

そんなこと知ったこっちゃない。

 

美味しいフレンチが食べたいからって

店を開業できる人はそうはいない。

本業は、小説家でそこそこヒット作があって

借金なしで店を開業するなんて

自立した立派な大人というか

勝ち組の成功者だ。

 

過度な同調圧力がはびこる日本で

自己を貫くことが難しい現実に生きる私は

憧れるよ、黒須仮名子。

サイコーにかっこいい。

 

同著者の漫画、「動物のお医者さん」に

出てくる菱沼聖子も

黒須仮名子とは違う意味で自己を貫いている。

2人のように生きれたらといつも思う。

 

まあ、周りは大変だけど・・・

こんな人近くにいたら逃げるけど・・・ね。

 

 

自分が自分でいられること

 

この本をはじめて読んだのは

小学校5年生の時。

この頃の私にとって黒柳徹子は、

“TVに出てるちょっと変わったおばさん”

という認識だったから

このおばさんのこどもの頃の話は

面白そうだと思ってこの本を買った。

 

小学校を退学になったトットちゃん。

トイレの汲み取りの穴に飛び込んだトットちゃん。

どのエピソードも面白くて、

いわさきちひろの絵も可愛くて

すぐにこの本が大好きになった。

 

トットちゃんが通うトモエ学園にも憧れた。

教室は電車で、席が決まってなくて

自分の好きな学科を優先して学ぶ。

お昼は、講堂に集まって

ワイワイ楽しく

海のものと山のものを食べる。

 

トットちゃんとは対象的な給食時間だった私。

一言もしゃべるなと言われ

アルミ食器のカチャカチャする音が響く教室で

食べ合わせを無視した空腹を満たすだけのエサ。

不味いコッペパンとマーガリンを

黙々と飲み込んだ。

 

私の担任は

厳しいルールでこどもを縛り付けるのが

最良の教育だと信じている、

当時でも時代錯誤な先生様だったので

学校生活はとても窮屈だった。

 

だから

こどもを規則で縛り付けない、

トモエ学園が羨ましかった。

大人から冷たい目で見られることもある

トットちゃんに

「本当はいい子なんだよ」と言ってくれる

やさしい先生がいるトモエ学園は、夢の世界だった。

               

夢物語に浸っていたいから

何度も読んで汚れて黒くなった本。

あまりに汚いので文庫本に買い替えたが

いつのまにか手放していたから

Kindle本を購入した。

そして今更に

エピソードの面白さもさることながら

それだけじゃない、

この本が世界中で読まれる理由がわかった。

 

現代からは想像ができないほど

のんびりしている東京の風景。

こどもがこどもらしく

外を駆け回る日常。

平和な生活を脅かす戦争の恐怖。

小児麻痺やLD、ADHDといった

障害のあるこどもの教育の難しさ。

そして

自分が自分でいられることの尊さ。

 

個性が大事、多様性の重要さを叫びながら

それを汚物のように排除する社会に生きていると

ちょっとでも人と違う自分を認められず、

自分で自分を責めて

自分が大嫌いになって苦しくなる。

 

でもそれは違うよと

自分が自分でいることは間違ってない。

自分の一番の味方は、自分なんだよと

この本は言っている。

小難しい心理学本を読んだり

自己肯定感とかわかりにくい言葉を使わなくても

自分が自分でいられることの尊さを

優しく教えてくれる。

だからこの本は世界中で愛される。

 

初読から40年経って

50代になってやっとそれに気づいた私。

もう二度この本を手放さないと決めた。

               

金銭にシビアなクマ

Yahooニュースで

イギリスのエリザベス女王

お茶をするパディントンの映像を見た。

エリザベス女王の在位70年を祝う

祝賀コンサートの冒頭で流れた映像らしい。

 

バッキンガム宮殿で女王とお茶するクマ。

なんてイギリスらしいんだろう。

と微笑ましく思ったが

一目でそのクマがパディントンだと

日本人の私でもわかるくらい有名だけど

どんなお話だっけ?

 

映画は見た。

子供向けだろうと侮っていたら

面白くて、1、2共にお気に入りの映画になった。

原作は、読んだことがないから

早速買って読んだ。

                

暗黒の地ペルーから

こっそり船に乗ってイギリスにやってきた

マーマーレードが大好物のクマ。

クマの名前は、人間には発音できないので

出会った駅名と同じパディントンと名付けて

家に迎え入れるブラウン一家。

パディントンは、行く先々で騒動をおこす。

「ぼくって、そういうたちのクマなんです。」

 

どんな大騒ぎを引き起こしても

ブラウン一家も

騒ぎに巻き込まれた人たちも怒らない。

きっと

能天気で明るくて細かいことは気にしなくて

いつも楽しそうなパディントンだから

心の広い優しい人ばかりが集まるのだ。

 

と、これじゃただの

“みんないい人話”で胡散臭くて

こんなに人気が出るはずがない。

パディントンの人気は、

可愛いクマが巻き起こす

騒動の面白さだけじゃないだろう。

                 

地下鉄の切符自販機に4ペンスも入れたのに

出てきたのが紙切れ1枚なんて!と

不満たらたらで、

劇場では、プログラムの6ペンスと

コーヒーの2シリングにびっくりして、

6ペンスも払ったオペラグラスを

返却しなきゃいけないと知って大憤慨する。

「6ペンスあれば菓子パンが3つも買えるのに!」

 

どうやら金には厳しいパディントン

グルーバーさんにもらった誕生日プレゼントの

1ポンド金貨に大喜びする様なんて

拝金主義なのかと笑ってしまう。

                 

資本主義国家に生きる厳しさを

小さなクマが叫んでいるのが面白い。

                

値上げラッシュの日本で

買い物する度に絶望する無職の私は、

パディントンのシビアな金銭感覚に

共感と親しみでいっぱいだ。

しかし。

異国出身でおそらくまだ子供のクマ

(本人も自分の歳を知らない)

その金銭感覚は、どこで身につけたのだ?

             

 

自分だけの世界がほしい

 

小人の物語の定番、セオリーと言えば

小人の敵と味方の攻防を描いた物語だろう。

小人の味方となるのは、たいてい子供で

敵は大人、小人で金儲けしようとする人や

小人の世界を壊そうとする人。

 

この物語もそんなセオリーどおりと言える。

子供のころに出会ったコロボックルの存在を信じて

大人になったせいたかさんが

コロボックルを守ろうとする物語。

だけどそれは物語の外枠にすぎない。

                

この物語が教えてくれるのは

自分の心の中にある世界、

誰にも邪魔されない

自分だけの世界を持っていることが

とても大事ということ。

 

自分だけの国、

心の中にある誰にも侵されることのない世界。

 

自分の国を持っている人とは

信念がある人とも言える。

確固たる信念がある人は、

他者に優しくて強い。

ちょっとやそっとじゃ折れない、

めげない、潰れない。

せいたかさんとおちびさんのように。

               

自分探しの旅、

本当の自分を探す旅とか言って

思春期をこじらせて旅に出る人がいるが

それは結局、

自分だけの国を見つけたいってことだろう。

世界のどこかに

安住の地があると信じて旅に出るのだ。

旅に出る行動力がある人は、ましかもしれない。

見つかればそれでいいし、

見つからなくても旅に出た自分に満足できそうだ。

 

私なんぞは、

旅にも出れなくて、

思春期をこじらせて大人になった

一番厄介で面倒くさい人間だ。

自分だけの国は、

自分の中にあると知ってもなお

見つけられず、鬱々と生きている。

 

どうやったらその国へ扉が開くのだろう。

扉の鍵はどこにあるのだろう。

人生も終わりに近づいてきたので

そろそろその屈強な扉を向こう側から

開いてくれてもいいんじゃないかと思うのだが。

 

もう自力では見つけられそうにないから

小さな黒い影が目の端をかすめる時、

(老化による飛蚊症だが)

コロボックルだよね!と願うようになった。

コロボックルに出会えたら

自分だけの国が見つかる気がするから。

コロボックルが存在しないとは

証明できないし、

都市伝説の小さいおじさんも

実はコロボックルかもしれないのだ。

              

子供のころは、

単純に面白いから好きな本だったけど

50才を過ぎて読んでみて

小難しい心理学の本よりも

シンプルに楽しく

メンタルのあり方を学べる本だと気づいて

初版から60年以上経っても

愛される理由を

遅すぎるくらい今更にしみじみと感じている。